Q & A

よくあるご質問 : だっこひも

Q. 肩幅の長さ、全体の重さはどのくらいですか?
A.「だっこひも」の紐の巾は7センチ、重さは生地によって若干差は有りますが、約150gです。
Q. キルティングの商品は作らないのですか?
A. キルティング生地に関しましては、可愛い生地を仕入れ次第再度製作する予定です。
Q. だっこひもはいつ頃から使えますか?
A. 基本的に守っていただきたいのは「首がすわってから」のご使用をお願いいたしております。お子様によって異なりますが、たて抱っこができるようになり、早い子で3カ月からの使用が可能です。
Q. だっこしている間は手でささえていないといけませんか?
A. 小さなお子様については、かるく手を添えていたほうが安心です。一人でお座りできるようでしたら、手で支えなくても大丈夫です。基本的には両手は自由に使えますが、寝てしまうとどうしても後ろに反りがちなので、手を添えてあげると安心です。
Q. 抱っこひもに関して、使用期間の目安を教えていただけたらと思います。(体重制限・首すわり・腰すわり)
A. あかちゃんの首が座ってから(早ければ3カ月くらいから)が原則です。体重制限ですが、我家の息子12kgでもまったく平気です。縫製については頑丈に縫ってあり引張強度に関しては(財)日本繊維製品品質技術センターにおいて検査済で、おんぶ・だっこ共に(財)製品安全協会の子守帯認定基準値(30kgf)を70キロ〜150キロ(部位による差)と大幅に上回っておりますが、お母さんやお子さんの負担を考えますと15キロくらいが限界というのが弊社の判断基準です。個人差はありますが、2歳ころまではご活用いただけます。但、一人目のお子さんが使ったおんぶひも・だっこひもを二人目のお子さんも使う場合は弊社の保証外とさせていただきます。安全のため一人につき一枚の消耗品とお考えください。
Q. 生地によって強度の違い、安全性はどのようになりますか?
A.強度的にはデニムやヒッコリー生地が厚手の生地では有りますが、他の生地の商品に関しましても厚手の芯地を貼り、商品としての厚さと強度を確保しておりますので、強度的にはどの商品も大差はありません。安全性は上記にも記載した(財)製品安全協会の子守帯認定基準値(30kgf)を大幅に上回っております。また、万が一のために、製作を依頼している会社で商品に対してのPL保険に加入し、弊社自体も賠償責任保険に加入しておりますので、何か有りましたらご連絡くださいますようお願いいたします。
Q. 装着の際、バックルを赤ちゃんの背中でとめるようですが赤ちゃんは痛くないのでしょうか?
A. あかちゃんの背中側に、小さな座布団の様なパッドをつけてあります。直接バックルがあかちゃんの背中に当たることはありませんのでご安心ください。
Q. 身長はどのくらいの人がジャストになるよう作られているのですか?
A. 通常サイズのだっこひもは普通体型の155cm〜165cmをモデルに製作しており、小さいサイズは155センチ以下の方を対象にせいさくしております。但、お客様の身長や体形、お子さんの大きさだけでなく、使用感の個人差によっても長いと感じたり、短いと感じたりしますので、一概に何とも言えないのですが基本的には上記を目安にご検討いただけますようお願いいたします。
Q. 生地が厚手のデニム生地とありますが、この季節に使用するには、暑いでしょうか??当方、大阪在住で気温は日中35度近くまで上がります?
A. この商品は、夏冬兼用物として扱っています。だっこひもは基本的に要所だけあかちゃんの体に生地(ひも)が当たるタイプなので、他社のものよりは風通しの良い作りになっております。綿100%ですので、真夏でも大丈夫です。